【玉名ラーメン】これが王道って奴なのか?!ラーメン玉龍とガチンコ勝負!

夏はビールが美味しいですね!別に夏じゃなくても美味しいけど。という訳で、ぼんです。
今回は天水町のお客様にご用があったので、そちらのお仕事の後に折角だからと「玉名ラーメン」を食しました!今回玉名ラーメン初体験!ワクワクが止まらないぜ!

初体験の相手は玉名市の「ラーメン玉龍」に決定!

玉名ラーメンって結構な数のお店があるんですね。何処にしようかと迷っていると、「玉龍に行って下さい。玉名ラーメンのお店で有名らしいですよ。」と編集部のスタッフ。ラジャー!目的のお仕事を終えて、玉名市へ車を走らせます。期待にドキがムネムネ!

ラーメン玉龍さんは玉名市役所の近く、通称「温泉大通り」沿いです。わかりやすい場所にあります。不安な方はナビで一発です。店舗横に広めの駐車場もありますよ!

ぼん、玉龍の佇まいにちょっと怯んだってよ

ラーメン玉龍外観
おぉぅ…
ぼん

…ここか。見た通りの老舗感。「割烹松月」の看板の方がでかいのが気になる。

僕の目の前に立ちはだかるかの如き店の佇まい。入口のサッシ戸が「汝、この扉を開けるのか?」と問いかけます。周りにはうっすらと豚骨スープの匂い。迷わず、勢いよくサッシ戸をスッと開けて店内へ突入!

…はい、普通にラーメンのお店でした。

まずはメニューの確認…ん?ゆでたまご?ゆでたまご…

店内は昔ながらのラーメン屋。「溢れんばかりの昭和感」。昭和生まれですからほっとします。店内の席数は多くはありませんが、空いていたテーブル席へ着席。まずはメニューを確認だ!

ラーメン玉龍お品書き
「ラーメン専門店でございます」が意味するものとは…何?

サイズがバラバラの板にマジックで手書きのお品書きがいかにも。一際目を引く「ラーメン専門店でございます」の文字。並々ならぬものを感じます。そして「ゆでたまご50円」。このゆでたまごは何の為?もしや、「ゆでたまごを頼まない奴はモグリ」なのか?これは初見殺し、ビギナートラップなのか?嫌な汗が出てきました。

向かいの席のオッサンナイスミドルが救世主(メシア)だった件

世界は素敵。悩める民には救いの手が。向かいの席のオッサ…ナイスミドルに目をやると、ラーメン待ちの間でしょう、ゆでたまごを普通に食べてました。瓶ビールをグラスに注いで美味しそ〜にグビグビ飲みながら。

良かった。初見殺しでもビギナートラップでもない。きっとおつまみ代わりDANE!よく見りゃテーブルに殻入れ置いてありました。

ゆでたまご、頼む必要なし!ラーメンオンリーでお願いします!つか、ビール飲みたい!

玉名ラーメンとの初顔合わせ!

「並ラーメン」 600円。シンプルな構えでいて隙はない、こいつは手強そうだ…

「並ラーメン」を注文して、待つこと7〜8分。ついに玉名ラーメンが目の前に登場。パッと見た目は熊本ラーメンと大差ないように思えます。まあ、玉名ラーメンから熊本ラーメンへ派生したらしいので当たり前なのかもしれませんが。とりあえず、ガチンコで食べて勝負!

ぼん

写真のチャーシューに乗っているフライドガーリックは店員さんがラーメンを運んでくる時に入れるかどうか聞いてくれます。今回は「少し!」で抑えました!

これが玉名ラーメンなのか…。熊本ラーメンとは違う!

伝わりにくいかもしれませんが、とろりとしたスープ

スープはとろりとしていて風味が固まりで流れ込んでくる感じ、玉名ラーメンは独特の「クセ」があると聞いたこともありますが、このクセが病みつきになる人がいるのはわかります。

少し柔らかい?玉名ラーメンはそれがデフォらしいです

麺は熊本ラーメンより気持ち太めで、柔らかめに湯がいてある感じでした。スープはしっかり麺に絡みついてきて、麺とスープが一気に口の中に攻め込んできます。

フライドガーリックが時間が経つにつれスープに溶け込み、風味が際立ちます。チャーシューは割とシンプルで、スープと合わさり味の塊と化し襲ってきます。激戦の末に完食。満腹で帰社しました。完食したから僕の勝ちだけど、玉龍ラーメンいや玉名ラーメン、敬意をこめて「強い」相手でした。

ぼん

…これが玉名ラーメンか。玉龍さんの味はきっと王道なんだろな。迷いもブレもない感じ。熊本ラーメンとは違って、いい意味で荒々しく無骨な味わいを好きな人がたくさんいるのもわかる!

ラーメン玉龍の基本情報

店舗情報
  • 店舗名 玉龍
  • 住所: 〒865-0016 熊本県玉名市岩崎953
  • 営業時間 11:00-23:00
  • 定休日 不定休
  • 駐車場 店舗横にあり
  • 電話番号 0968-72-2569

※この記事及び情報は掲載時点のものです。内容は変更となる場合がございますので予めご了承くださいませ。

ABOUT US

ぼん
昭和・平成そして令和の時代を渡り歩く40代の男。 生まれ育ちは熊本県熊本市、現在阿蘇郡南阿蘇村在住の生粋の熊本人。 三度の飯よりビールが好き。休日はアウトドアよりはインドア派。 熊本のオススメ料理は天外天のラーメン。オススメスポットは地獄温泉。